RoppongiExpress

自転車が趣味なサラリーマンのブログ

ロング213km

朝は子供達の送迎をして、8時から練習へ。今日はロング。前回行った鶴峠〜小菅の逆コースを走る。

自転車はコレ!

https://www.instagram.com/p/BJC8T1tDnXp/

TIME ZXRSをヒルクライム向けにアレンジしてみちゃった。
ロードで使っていたステム&ハンドルはそのままの状態で戻せるようにして、ステムとハンドルを交換。
RITCHEY C260の84度ステムの上下を返して96度にしてハンドルを高くする。
ハンドルはLightweightの超軽量。リーチ短くてヒルクライムポジションには良いと思う。
ドロップの曲がりも、小さいけど、好みで比較的レバーに指は届きやすい。

ハンドルポジションが3cmくらい?高くなった自転車でロング行くとどんな感じか、楽しみ。

■ ZXRS:7時間29分、213km、4180KJ


多摩サイで北上。無風な為か調子よく走れる。
ハンドル高くして心配だったけど、平地でもそんなに不自然にならずにいい感じに回せて進む。

五日市から風張峠へ。長い上りなのでインターバルトレーニングをしてみる。
パイオニアのサイコンのインターバルモードで1分−1分x15回のタイマーをセット。
数えなくてもいいしスタートまでのカウントダウンもしてくれるのでとっても便利。
1分は310W設定。レースペースを細切れにして繰り返す、という意図。
なので最初10秒くらいダンシングでペース作ってからはシッティングで粘る。
実際は1分間だいたい345W程度。最後は419W。15本で30分だったけど頂上まではまだ距離があったのでもっと回数できたな。

下って奥多摩湖。
そこから小菅村への緩いワインディングでインターバル第二弾。
30秒-30秒を8回で2セット。
今度は30秒間ずっと腰上げてダッシュ。400W以上。
8回を数分の休憩挟んで2セットやったらちょうど道の駅こすげ着。
饅頭などの補給。

そこから上野原に向けて鶴峠を超えてアップダウンを。
下った印象からすると相当の激坂だったと思ったけど、そうやって心の準備が出来ていたから思ったよりは辛くなかった。
キツイところは基本的にほぼすべてダンシング。普段はローラーだから外では出来るだけダンシングでのリズムを覚える。

上野原でR20に出て相模湖までは流す。
最後の大垂水峠はタイム計って頑張る。

  • 大垂水峠:9分11秒、319W、70回転、159/166拍

アウターで全部ダンシング。
帰りも多摩サイ通って。最後までしっかりと90回転以上で回せて走れた。

7時間走ったけど驚くほど疲労してない感じ。やっぱりTIMEのフレームって最高だよな。
CannondaleとかPinarelloとかTREKとか買ってみるけど、やっぱりTIMEに戻ってくるんだよな。
これからは浮気せずにTIME一筋で行こうかな。

帰宅は16時過ぎ。
すぐにサイクルジャージのまま屋外プールでクールダウン。これも最高だ。


練習頑張ったのでディナーでふらっとoginoに行きたい誘惑に駆られたけど、幸い今日は貸し切りディナーだったらしくかなわず。
ダイエットしろってことか。
最近練習は順調に出来ているんだけど酷い便秘で体重落ちず。水分足りないかな。