読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RoppongiExpress

自転車が趣味なサラリーマンのブログ

 流し / EPSのワイヤ処理

トレーニング

昨日は散々ビール飲んで、帰宅後妻と話した内容も良く覚えていない。


とりあえず帰宅後すぐベッドに行って22:30前には寝たような気がする。


6時間寝ればいいや、と思い5:30に目覚ましをセットしていて、それで起きる。
寝起きはそんなに悪くない。やっぱりちゃんと寝たからだな。


昨日頑張ったし、日曜日は質・量ともに充実した練習にしたいので、金・土は軽くにする。
とりあえず起きてから6時までに昨夜書かなかった日記を書いて、6時から練習へ。


もう最近はローラー乗るとケツが痛くて辛いので、外を走る。


外練:51分、23km、424KJ


流すのみ。
上りはダンシングだけど80回転ちょいの軽いギアで。
疲れはあるけど、イイ感じに踏めてきている気はする。気のせいかもしれないけど、思い込むのも大事。


            1. +


EPSのバッテリーユニットはダウンチューブ上。
マウントはボトルケージ台座を使うことでダウンチューブに穴を開けないように。
DSCN1013
穴はBBラグ部分に開けている。



DSCN1012
Fメカのワイヤはシートチューブ内蔵で小穴を開けて。



一番のお気に入りはRメカのコードがうまい具合にチェーンステー内を通った事。
DSCN1011


これでワイヤが外に露出しているのはBBラグ〜バッテリーまでのみ。


電動対応フレームではないけど、かなりすっきりしたワイヤ処理には満足。


あとは進化版バッテリーマウントの販売を待つ。