読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RoppongiExpress

自転車が趣味なサラリーマンのブログ

 富士チャレンジ200

レース

昨年優勝したレースに今年も参戦。200kmの部の一番、ということでしょうか。ゼッケンは2001

背中につけましたが、ポケット部につけたほうがよかったと反省。
ちなみにゼッケンは一つにつき安全ピン8つ使用が私流です。


【スタートまで】

5:30にいつものA先輩にピックアップしていただき二人でGo。7時前後に到着。
いつもどおりチェーン洗浄を現地で行い、ブレーキシューを交換して、トイレに行って、スタートオイルを塗って、、、でなんだかんだでウォーミングアップはなし。
今回は前年度優勝者ということで招待選手とともに紹介されるため、主催者からスタート25分前には来てくれと。
200kmと長いし、招待選手がペースを作ってくれるので序盤からいきなり勝負がかかるようなことはないので、アップはいいやとナーバスにならずに適度にリラックスしていた。


気温は20度弱なので下はレーパンで、上は春秋用の長袖。夏用ジャージよりは暖かい素材だけど厚手というほどではなく、今日のような天候にはちょうど良かった。


【レース】


196km、4時間36分15秒、ソロの部優勝、歴代最高記録


1周目はローリングスタート
しばらくはほどほどのペースで進む。ちぎれそうなほど速くはない。
 :
この手のレースは淡々と進むので特に展開などはない。。


2時間ほど走ったら、先頭グループでソロ200の選手は朝練・大井ふ頭仲間のT中先生、森クン、Y根っち、私の4名に。
T中さん以外の3名は元リマサンズ。


100km手前で真鍋選手がペースを上げたら、一般(招待選手以外)でついて行ったのはY根っちと私のみ。
そこからしばらく招待選手7〜9名+一般3名という構成で進む。一般のもう一人の方は(おそらく)周回遅れになっている著名ヒルクライマー。ゼッケンの色が違うのでチーム参加なんだろう。
おちついたペースで進む。プロ選手は平地と下りで踏んで上りはがんばらない。こうするのが一番パワーの変動が少ないので身体への負担が少なく効率的に走れるということ皆当たり前のように知っている。
上り終えてからホームストレートで50km/h以上までもって行って、そのまま維持してしまうスピードの差に圧倒的なプロと一般の力の差を感じた。



レース中スキルシマノのシンリ選手が私に過去の最高タイムを聞き、それを教えると、それを意識しだして更にペースが上がったように思った。とにかく上り以外はとても速いけど、上りでは息が整うくらい落ち着いたペースになる。


そんな効率的な走りも(おそらく)周回遅れでチーム参加しているヒルクライマーさんには合わないらしく、上りの度に先頭に出て速いペースで走る。
そうこうしている130km地点くらい(±10km)でヒルクライマーさんがペースを上げた時にY根っちはちぎれたようで、200kmのソロ(っていうか一般参加)は私ひとりになる。


この時上りでペースが上がった時に腿をつりそうになったが、その後は平地&下りが速くて上りはゆっくりだったので、なんとか持ちこたえた。
後半はペースが落ちるどころか最高記録を意識してますますスピードが上がっていったように感じた。シンリ選手のスピードが際立っていた。
そうこうしているうちに完全に招待選手+私という集団に落ち着いたので、あとはゴールまでひたすら我慢するのみ。


なぜか周回板がないレースだったのであと何周か分からず、突然ラスト1周とアナウンスされたので、そこから猛烈にまたスピードが上がる。なんとかそれにも対応して、最初から走り切った5名と一緒にゴール。最後は私を先頭でゴールさせてくれた。


気温があまり上がらなかったため、4時間くらいから猛烈に小便がしたくなってきて、ゴール後に一目散にトイレへ。長かったー。



最高記録は招待選手の数が揃っていてペースを作ってくれて、それにたまたま乗ることができたから。いくら自分の調子がよくて記録を作りたくて招待選手が積極的に狙わないと絶対に無理。
招待選手の皆様、今日はどうもありがとうございました。


【補給食】


ロールパン(ぶどうパン)にジャムをたっぷり塗ったもの4つ、大福3つ、どら焼き、ジェルx2を持って行き、パンひとつとどら焼きとジェル1が余った。


【自転車】


いつもどおり。



今日も前輪はHED。平均40kh/hを超えるようなレースで且スピードの変動が少ないレースではメリットも大きいかも。
けどあまり皆にお勧めできるモノではないです。風の影響とコーナリングの癖はかなり強いので慣れと注意が必要です。
ギアは53x39-12/23。中盤以降はインナーは使用せず。


本日は心拍ベルトを忘れたため心拍計測はできず。



以上。来週のレースで今シーズンは終了。あと1週間。がんばります。